Garage Kojima

Garage Kojima

Kawasaki

KC125、メーターギヤ破損

KC125、メーターギヤ破損

本日、外装部品を外して磨こうと秘密基地へ。今日の日中は暖かく、気持ち良く走れました。
ところが途中、フロント周りから『ガリガリ』という金属が破壊するような音がし、慌てて左に寄せて停車。よく見たのですが、原因箇所を特定できずでした。

その後恐る恐る走り出すと更に異音が大きくなり、突然、スピードメーターの針がゼロを指したままに。
『あー、ケーブルが切れたんだな』と思う程度で大して心配もせず、排気音と選択したギアによって大よその速度を把握しながら、秘密基地まで数キロほど走りました。

基地に到着してすぐ、作業開始。
スピードメーターケーブルを外してみると、異常なしでした。
KC125、故障中

お次はと、メーターギヤが収まるハブの中を注い深く観察。
ギヤの欠けた破片が、グリスの中で光り輝いていました。
KC125のフロントハブ
ということは…
そうなんです。メーターギヤが破損していました。

KC125の破損したメーターギヤ

仕方ないので、スピードメーターケーブル取り出し口に、クルマ用のグロメットをはめて、帰ってきました。

KC125のスピードメーターケーブル接続口

ナンバーつけて、まだ二日目だというのに…(T_T)
部品が出るかどうか、ダメもとでカワサキの特約店に電話をしてみたのですが、つれない返事でした。

ということで当分の間は、速度勘だけが頼りです(^^ゞ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top